顔のシミ

顔のシミを消してくれる成分は?

肌に良い色々な成分がある中でも、お肌にできてしまった嫌なシミを消す成分があります。
シミ消し効果が期待できると話題になっている成分として、トレチノインとハイドロキノンがあります。
これらの二つの成分は一つずつでもシミ消し、シミ対策に効果があるとされていますが、更に二つの成分を組み合わせることによって更にシミけしに効果的とされています。
トレチノインはビタミンA誘導体ですが、このトレチノインがお肌のターンオーバーを促進してくれると言われています。
そしてまた、それによってお肌のメラニンが排出されることによってシミが改善されます。
そしてハイドロキノンがもっているメラニン色素を抑制するという効果が加わることによってダブルの美白効果を得ることができます。
このトレチノインとハイドロキノンという二つの成分が含まれている美白化粧品が販売されています。
また、ほかにもビタミンCが顔のシミを消すのに有効であるとされています。ビタミンCはメラニンの生成を抑制するという効果を期待できると言われています。

 

よくあるシミの種類と特徴

シミはメラニンが肌に蓄積した色素沈着ですが、シミの種類には色々なものがあることをご存知でしょうか?
よくあるシミの種類や特徴について紹介します。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミの中でもっとも一般的とされているのが、老人性色素斑(日光性黒子)です。
主な原因は紫外線と言われており、紫外線が当たりやすい顔や手の甲などにできやすく、褐色をしています。
30歳以上の方にできることが多いですが、20代でできる場合もあります。
また、加齢とともに濃くなりやすいという特徴があります。

肝斑(かんぱん)

肝斑は女性ホルモンが影響していると言われており、30〜40代の女性にできやすいシミです。
妊娠や出産をきっかけに発生することが多く、更年期以降は自然に薄くなることもあります。
肝斑は、薄い茶色で目の下や頬骨、口まわりなどに左右対称にできるのが特徴です。

そばかす

そばかすは子どもの頃からできる小さな丸いシミで、鼻のまわりにたくさんできます。
原因は遺伝的なものが大きいと言われています。
シミのタイプに関わらず紫外線対策は大切!
よくあるシミの種類を紹介しましたが、どのタイプのシミも、紫外線を受けると悪化しやすいと言われています。
したがって、シミの悪化を防ぐためには、シミのタイプに関わらず紫外線対策が重要です。
抗酸化作用のある食べ物を摂る、日焼け止めを塗る、日傘や帽子を活用するなど、日頃からUV対策を行いましょう。

 

シミの予防におすすめの医薬品・サプリ

シミ対策や美容ケアには、医薬品やサプリメントを活用するという方法もあります。
人気の商品を紹介します。

医薬品

ホワイピュアの特徴
シミ、そばかすを緩和する医薬品「ホワイピュア」は肌への有効成分としてL-システイン、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンEを配合しています。顔だけでなく、手の甲や首元、背中のシミにも効果が期待できます。
価格
初回限定1,900
評価
評価5
備考
内容量
180錠(30日分)
価格
定期購入の場合、初回限定1,900円(2回目以降4,930円)
販売会社名
ジェイフロンティア株式会社

SIMIホワイトの特徴
シミ改善と日焼け対策もできる医薬品「SIMIホワイト」はL-システインとビタミンCを配合し、シミの改善と日焼け対策の両方が可能な医薬品です。

また、妊娠中・授乳中の栄養補給や、7歳以上の子どもの日焼け対策にも使用できます。

価格
初回限定2,868
評価
評価5
備考
内容量
180錠(30日分)
価格
定期便の場合、初回限定2,868円(2回目以降5,378円)
販売会社名
ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

トランシーノUの特徴
肝斑を改善する医薬品「トランシーノU」は肝斑専用の内服薬です。8週間の服用が目安です。

皮膚科で肝斑の治療に処方されるトラネキサム酸を配合しています。

価格
1,800
評価
評価5
備考
内容量
60錠(2週間分)

120錠(1か月分)

240錠(2か月分)

価格
・1,800円(60錠)

・3,400円(120錠)

・6,300円(240錠)

販売会社名
第一三共ヘルスケア株式会社

 

サプリメント

マスターホワイトの特徴
大人のための美容サプリ「マスターホワイト」はプロテオグリカンやアスタキサンチンなど、ゆらぎが気になる大人世代にうれしい成分を16種類配合したオールインワン美容サプリです。 30代以降の女性におすすめです。
価格
初回限定980
評価
評価5
備考
内容量
120粒(30日分)
価格
定期コースの場合、初回限定980円(2回目以降5,400円)
販売会社
株式会社ヴィジョンステイト

Drsホワイトセラミドの特徴
太陽対策の美容サプリ「Drsホワイトセラミド」は外からの刺激が気になる女性に人気の美容サプリです。 パイナップル由来の美容成分や、セラミド、フィトールなどを配合しています。 1日2粒で1年中の対策が気軽にできます。
価格
4,550
評価
評価5
備考
内容量
62粒(1か月分)
価格
定期コース特別価格4,550円
販売会社
株式会社 ジョイフルライフ

顔のシミを消す成分はある?人気の美白化粧品5選

シミケアに人気の美白化粧品にはどんな成分が使われているのでしょうか?メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ、人気の美白化粧品を紹介します。

 

顔のシミケアにはどんな成分の化粧品がおすすめ?

顔のシミケアにはどのような化粧品を選んでいますか?
人気が高いのは、やはり美白化粧品です。
デパートやドラッグストアの化粧品コーナーに行くと、たくさんの美白化粧品を目にしますよね。
美白化粧品には美白成分が配合されていますが、どのような美白成分が使われているかは、化粧品によって異なります。
今回は、シミケア化粧品によく使われている美白成分や、人気の美白化粧品について紹介します。

 

シミケアの化粧品でよく配合される美白成分

ここでは、シミケアに人気の美白化粧品へよく配合されている美白成分について紹介します。
医薬部外品に配合される美白有効成分とは?
美白化粧品は、そのほとんどが有効成分を配合した医薬部外品です。
では、医薬部外品の美白化粧品に配合されている「美白有効成分」とはどのような成分なのでしょうか?
美白有効成分とは、厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」またはこれに類似した効能を表示することが認められた成分です。
より分かりやすく言うと、美白有効成分は、日焼けなどで今よりも肌が黒くなってしまったり、シミやそばかすが増えてしまったりするのを防ぐことを目的とした成分です。
また、化粧品の宣伝では、医薬部外品も含めて、「今より肌が白くなる・シミが消える」という表現は薬機法で認められていません。
このように、美白有効成分の目的はシミやそばかすを防ぐという“予防”が原則であると考えられます。

 

化粧品によく使われる美白成分

具体的な美白成分を見てみましょう。
医薬部外品の有効成分として厚生労働省に認可されている美白成分
厚生労働省に認可されている美白有効成分は複数ありますが、その中でもよく知られているものをいくつか取り上げました。
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・ルシノール
・コウジ酸
・プラセンタエキス
・PCE-DP(ピースディーピー)
PCE-DPは今年2019年に、10年ぶりに新しい美白有効成分として認められた話題の成分です。ポーラの「ホワイトショット LX/MX」に配合されています。
美白有効成分は、成分によって「メラニンの生成を抑える」「黒いメラニンを還元する」「メラニンを外へ排出する」という働き方をすると言われています。

現時点では医薬部外品の有効成分として認められていない美白成分

・ハイドロキノン
ハイドロキノンは皮膚科でも使用され、強力な作用がある美白成分です。
日本では、以前は医師の指導のもとでしか使用が認められていませんでしたが、2001年から化粧品への配合が認められるようになりました。
しかし、強い作用を持つハイドロキノンは、使用には十分な注意が必要と考えられています。また、現時点では医薬部外品の有効成分として認められていません。

 

シミケアに人気の美白化粧品

シミケアに人気の美白化粧品を紹介します。

ポーラ「ホワイトショットLX/MX」

ポーラ「ホワイトショットLX/MX」の特徴
10年ぶりに新しく承認された美白有効成分「PCE-DP」を配合した医薬部外品です。

ホワイトショットLX(ローション)とホワイトショットMX(ミルク)があります。

価格
各11,000
評価
評価5
備考
内容量
ホワイトショット LX 150ml

ホワイトショットMX 78g

ポーラ「ホワイトショットSXS」

ポーラ「ホワイトショットSXS」の特徴
美白有効成分として「ルシノール」と「ビタミンC誘導体」を配合した医薬部外品の集中美白美容液です。密着性が高く、肌にフィットします。
価格
12,000
評価
評価5
備考
内容量
20g

アスタリフト美白 UVケアトライアルセット+ジェリー

アスタリフト美白 UVケアトライアルセット+ジェリーの特徴
アスタリフト「アスタリフト美白 UVケアトライアルセット+ジェリー」は医薬部外品(美白化粧水、美白美容液、美白クリーム)には美白有効成分として「ビタミンC誘導体」または「アルブチン」を配合しています。

UVクリア美容液は「SPF50・PA++++」と紫外線をしっかりカットしてくれます。
人気のジェリー状先行美容液もセットになった通販限定のトライアルキットです。

価格
1,000
評価
評価5
備考
価格
1,000円
セット内容
美白化粧水、美白美容液、美白クリーム、ジェリー状先行美容液、UVクリア美容液

ファンケル「無添加ホワイトニング 透明美白1か月集中キット」

ファンケル「無添加ホワイトニング 透明美白1か月集中キット」の特徴
ファンケル「無添加ホワイトニング 透明美白1か月集中キット」は医薬部外品(化粧水、乳液、美白美容液、マスク)には美白有効成分として「ビタミンC誘導体」を配合しています。

すべての製品が防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤無配合です。

価格
1,830
評価
評価5
備考
セット内容
化粧水、乳液、美白美容液、マスク、クレンジング、洗顔

エバーピンク「ホワイトセラム」

エバーピンク「ホワイトセラム」の特徴
オールインワンタイプの美白美容液です。

美白有効成分として「ビタミンC誘導体」を配合した医薬部外品です。
甘草エキスなど7種類の植物エキスも配合しています。
合成香料、合成着色料、鉱物油、エタノール不使用です。

価格
2,500
評価
評価5
備考
内容量
90ml
価格
定期購入の場合、初回限定2,500円

 

シミケアに人気のメンズ化粧品

キレイな肌を保つためのスキンケアはジェンダーレスなものになっており、男性用のシミケア化粧品も登場しています。

●クワトロボタニコ「ボタニカルスポッツソリューション」
<価格>5,400円
<内容量>20g
<特徴>美白有効成分として「コウジ酸」を配合した医薬部外品の美容液です。
合成着色料、パラベン、合成香料、メントール不使用です。

 

市販のシミ消しクリームやシミ取り化粧品の効果は?安全に使える?

美白成分は、人によっては肌に負担となる場合があると言われています。
化粧品を使っていて肌に異常を感じる時はすぐに使用を中止し、改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。
また、化粧品の中には効果を過剰に期待させるような誇大広告もありますが、こうした誇大広告にも注意が必要です。

 

メイクで簡単にシミを消す方法

シミを簡単に目立たなくするには、メイクの時のコンシーラーが役立ちます。
コンシーラーを選ぶ時は、ファンデーションの色とできる限り近いものを選びましょう。
使い方は、シミよりもひとまわり大きくコンシーラーを塗り、指を使ってやさしくたたくようにしてなじませます。(肌を強くたたいたりこすったりするのはNGです。)
コンシーラーにはスティックタイプやリキッドタイプ、ペンシルタイプなどの種類があります。
自分が使いやすいものを選んで大丈夫ですが、忙しい朝になるべく短時間でメイクを仕上げるには、パッと使えてなじみやすいスティックタイプのコンシーラーがあると便利です。

 

まとめ

シミケアの化粧品でよく使われる美白成分や、人気の美白化粧品について紹介しました。
美白化粧品のほとんどは、有効成分を配合した医薬部外品です。
医薬部外品に配合される美白有効成分とは、厚生労働省が「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」またはこれに類似した効能があると認めた成分です。
最近よく耳にするハイドロキノンも美白成分で、強力な作用がありますが、現時点で医薬部外品の有効成分としては認められていません。また、使用上の注意は必ず守る必要があります。
自分に合う美白化粧品を選んで、シミケアに役立てましょう。

 

 

参考サイト:東京都健康安全研究センター

 

更新履歴
TOPへ